足立留美子さん 木のおもちゃ・雑貨・家具「Natural Backyard」店主

0
98
足立留美子さn

 マカロンカラーで優しい手触りの木のおもちゃ、噐をはじめとした暮らしの雑貨や家具など多彩な品揃えの店内。自然素材にこだわったオリジナル木工品・雑貨を販売する丹波篠山にある店「Natural Backyard」を切り盛りするのが、店主の足立留美子さん。

足立留美子さn

 ご夫婦で始めたこの店は、少し離れた工房でご主人が木工品を制作し、奥さんの留美子さんが店を経営しています。一つ一つ丁寧に仕上げられた木工品は、子どものための小さなミニカーから大型の家具までさまざま。オーダーメイド家具の注文、リフォームの依頼も受けています。

 また、木工を追求するうちに素材となる木や森についても学ぶようになり、ご夫妻で丹波篠山の森、延いては地球上の森を救うべく、木育活動にも取り組んでいます。

「城下町の商店街の通りにある、温かみが感じられる木のお店」

 2012年にオープンした同店は、城下町の商店街に位置し、当時築74年の古民家をセルフリノベーションしたものです。

お店の外観

 以前は百貨店に勤めて販売・物流を担当していた留美子さん。この場所に元々あった古家具や陳列用に新しく作った木工品を組み合わせ、木工品で遊べるキッズスペースやDIYスペースを設置するなど「子連れや初めて丹波篠山を訪れた観光客でも、木に触れてゆったり滞在してもらえるように」と、おもてなしが見えます。木工品のほか、かわいい~と声がもれるような留美子さんが買い付けたユニークな雑貨も並んでいます。

Naturalの原点端材で子どものおもちゃをつくったことが始まり」

 家族それぞれがアレルギー体質で自然豊かな地を求めて都会から三田市へで引っ越した足立さん一家。そこで木工と出会うことになります。

 「それまでは木工をしたことがなかったのですが、引っ越した物件はリフォームが必要で、身体に優しい素材だけを使ってDIYに挑戦しました。幼なかった子どもが大工道具に興味を示すので、端材でおもちゃを作ってあげたのが始まり」と振り返ります。

 販売されているおもちゃが温かく感じるのは、丸みを帯びていて手触りが良いだけでなく、「壊れてしまってもお母さんがすぐに直してあげられるように」とのNatural Backyard の親子への木づかい(気遣い)が感じられるからかもしれません。

おもちゃの写真

「丹波篠山との出会い」

 趣味で作っていた木のおもちゃがご近所の評判となり、手仕事市などに出店、気付けば注文が殺到するように。サラリーマンをしていたご主人に「会社を辞めて、アルバイトしながらでも自分たちのお店やってみない?」と提案。ちょうど時期を同じくして篠山の町屋を使って開催される「ササヤマルシェ」の出店のオファーがあり、古い町並みや町家の雰囲気に触れました。

 城下町に出店を決めたのは「息子の小学校入学がきっかけ」と話す留美子さん。お堀の中にある篠山小学校の立地や歴史ある木造校舎に憧れて、人生の軸を全て篠山地区に移しました。

「将来のこのまち、ふるさとの森」

 ご夫妻で木育活動も取り組んでいます。

 「田舎って空気がおいしいって言われますが、空気って木々が空気を循環させてくれているから。森の恵なくして生きていけないのに、普段から考えている人はあまりいないですよね。木や森の大切さを子どもたちにつなぎたい」と市内外で活動を展開。

 またお店が位置する商店街について「温泉街みたいになったらいいなあと思います。旅行って夜が楽しいじゃないですか。飲みに歩いたり、夜のお散歩を楽しんだり。そのイメージが温泉街です。この商店街がもっと賑わって欲しいし、賑わうように私たちも何かできたら」と笑顔で語ってくれました。 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here