japanheritage
日本遺産とは

日本遺産とは?!

日本遺産(にほんいさん、Japan Heritage)とは、文化庁が平成27年に作った制度です。

日本国内にたくさんある文化財や伝統文化などを語る物語(ストーリー)を文化庁が「日本遺産」として認定します。
文化庁のページはこちらhttps://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/index.html

日本遺産の目的

 日本遺産の目的は、簡単に言えば、日本遺産に認定することでその地域を活性化させようということです。日本遺産に認定されたことをきっかけに、その地域に住む人たちに誇りが生まれたり、ブランド力が向上したくさんの観光客に来ていただいたくなどの効果を期待しています。

日本遺産認定の例

 そのため、認定された岡山県を例に挙げて説明すると、岡山県は「桃太郎」をストーリーとして日本遺産に認定されました。

日本遺産は、文化庁が「ストーリーを認定する」ということなので、少し理解しづらいいかもしれません。

 正確には、岡山県岡山市倉敷市総社市赤磐市の4つ地域 が、「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま ~古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語~というストーリーで平成30年4月に日本遺産に認定されました。桃太郎と言えば、岡山県の物語であることは当然どのような内容であるかはすぐにイメージがわくと思います。この地域には、鬼退治にちなんだ遺跡が多数のこっており、それを桃太郎のストーリーに乗せて紹介をしているということです。

 もしも日本遺産がストーリーを認定するものではなくて、ただ単純に、岡山県を「日本遺産」に認定すると言っても、なぜ日本遺産に認定されたのかが伝わりにくいですが、「桃太郎」というストーリーを日本遺産に認定することによって、何が選ばれたのかが、理解しやすく、訴求力があると言えます。

 この岡山県の例のように、一つの自治体だけでなく、複数の自治体で作るストーリーが日本遺産に認定されるということも、日本遺産の特徴です。

 1つの自治体だけで認定されるものは「地域型」の日本遺産と言い、こういった複数の地域が集まって認定されるタイプは「シリアル型」と呼ばれています。日本遺産をきっかけにその地域全体の活性化を狙っているのです。

日本遺産と世界遺産の違い

では、これまでに聞き馴染みのある「世界遺産」とはどう違うのでしょうか。

世界遺産とは、世界の宝物として守っていく必要のある貴重な文化財や自然のことで、ユネスコ世界遺産委員会が登録するものです。なお世界遺産は、移動が不可能な不動産が対象となっています。一方で日本遺産は、地域の魅力を伝えるストーリーを文化庁が認定するものです。

 世界遺産と日本遺産の違いをまとめると、世界遺産は、遺産を保護して未来へ伝えるためのものであることに対して、日本遺産は認定された地域の文化財を保存活用し地域を活性化するものです。

 世界遺産と日本遺産を比較すると、世界遺産は保護を目的としていて、日本遺産は活用を目的としていることが大きな違いと言えます。

 つまり、これまで大切に保存されてきた文化財などを、保存だけでなく活用して、国内だけでなく海外へも発信し、地域を活性化しようという取り組みです。

 文化庁は、日本遺産として認定されたストーリーの地域には、公開や活用するための整備などに対して、文化芸術振興費補助金を交付するなど積極的に支援しています。

2020年1月現在では、83件が認定されており、予定ではオリンピックまでに100件のストーリーが認定される予定です。ちなみに、例年は4月か5月ごろに発表されているようです。

毎年2月13日は「日本遺産の日」

 文化庁は、地域活性化を目的とした「日本遺産」の認定制度を広く知ってもらうために、2月13日を日本遺産の日と定めました。といっても法制化はしないため、祝日ではありません。
なぜ、2月13日かと言えば、「2、13(に、いち、さん)」が「にほんいさん」に似ていることからだそうです。覚えやすいですね。
 令和2年の2月13日が、初めての日本遺産の日になりますので、東京有楽町のよみうりホールにて記念シンポジウムが開催されるとのこと。ゲストには、ダジャレのネタで有名なお笑い芸人のナイツが参加されるようです。

観光や旅行先として、日本遺産のストーリーを辿ってみるのも楽しいと思いますよ。

1コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here